粉瘤(アテローム)や傷やけど治療はこおりたひろ形成整形外科クリニックへ|粉瘤|アテローム|なつい式湿潤療法|大阪|

巻き爪(陥入爪)の手術

初診時

術後1ヵ月半

 当院では、「巻き爪」、正確には「陥入爪」に対しまして、まずはテーピング指導。それでも良くならない場合は、手術にて加療しております。
手術時間は20分ほどです。
写真の患者さんは、痛くて歩行しにくくなっておられました。術後翌日より、普通に歩行可能となり、大変喜んで下さいました。
もちろん、手術による痛みはありますが、2日間ほどで無くなるようです。なにしろ、それまでの巻き爪による痛みが強すぎるからでしょうか。術後の痛みに関して苦労された方はあまりおられません。


  先日、ある患者さんから「先生のブログもお知らせも全部よませてもらってますよ!」と言って頂きました。嬉しかったのですが、ちょっとなんだか恥ずかしい・・・読んで頂くために書いているのですが、何なのでしょう。この感じ。読んで頂き、有難うございます。

関連記事

  1. 術前1

    爪郭炎(陥入爪) 爪甲,肉芽切除術 

  2. 術前

    爪郭炎(陥入爪) 爪甲切除術

  3. 術前(先端)

    爪郭炎(陥入爪) 爪甲切除術

  4. 術前2

    爪郭炎(陥入爪) 爪甲,肉芽切除術

  5. 術前(正面)1

    陥入爪(巻き爪)切除術

  6. 巻き爪(陥入爪)の症例です。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。