交通事故で顔を擦りむいた患者さんです。(湿潤療法)

受診時

受診時

湿潤療法1週間後

湿潤療法1週間後

 車にはねられ全身打撲された20代女性の患者さんです。
事故後、すぐにお近くの総合病院へ救急搬送されました。
骨折等はなく、本当に良かったのですが、傷に対する処置が、いつものように「消毒、ガーゼ」だったために、
湿潤療法をしているところをご自分で探され、わざわざご遠方から当院へ来院されました。
1週間ですっかり良くなりました。患者さんにも満足して頂き、嬉しかったです。
しかし、こういう傷に消毒すると本当に痛いんですよね。
消毒ばかりされる医師も分かっているはずなのに、やはり「消毒しないと感染する!」という考え方の医師の方が残念ですが多数派のようです。

関連記事

  1. 初診時

    顔の挫創です。(なつい式湿潤療法)

  2. 左半身挫創の患者さんです。(湿潤療法)

  3. 結婚式を3か月後に控えられた女性の顔の傷です。(湿潤療法)

  4. 顔の挫創です。(湿潤療法)

  5. 初診時

    生後11か月 手の熱傷です。(なつい式湿潤療法)

  6. こおりた ひろ形成整形外科

    いったい何を信用したら良いのですか?

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。