粉瘤(アテローム)や傷やけど治療はこおりたひろ形成整形外科クリニックへ|粉瘤|アテローム|なつい式湿潤療法|大阪|

額の割創です。(湿潤療法)

初診時2

初診時

加療2週間後

加療2か月後

 2歳の女の子です。ソファの上から遊んでいるときに転落し、おもちゃ箱に額をぶつけて受傷されました。
最初、他院でテープ固定され加療されておられました。しかし、加療中に再度おでこをぶつけて傷口が開いてしまい、当院を受診するように言われたそうです。この程度の割創であれば、縫合せずにテープ固定をすることにより、奇麗に治ります。
縫合しますと、糸が通る穴が創部の両サイドに点となって残ってしまします。いわゆる、ムカデの足状態です。
それに、2歳お子様を縫合しようとなると、押さえつけてしなければなりません。押さえつけてまでするメリットがあまり見つかりません。
奇麗に治り、親御さんにも喜んで頂きました。本当に可愛い女の子でした。

関連記事

  1. 初診時(側腹部)

    熱傷 1歳 胸部、側腹部、上肢、大腿(湿潤療法)

  2. なんで湿潤療法はメジャーな治療にならないんですか?

  3. 初診時

    膝の挫創です。(湿潤療法)

  4. 初診時

    挫創 顎(湿潤療法)

  5. 初診時(顔)

    熱傷 3歳 顔、胸(湿潤療法)

  6. 初診時

    低温熱傷 7歳 足関節(なつい式湿潤療法)

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。