粉瘤(アテローム)や傷やけど治療はこおりたひろ形成整形外科クリニックへ|粉瘤|アテローム|なつい式湿潤療法|大阪|

ほくろ切除の症例です。

1術前1

ほくろ切除術前

ほくろ切除術前

ほくろ切除術後17日

ほくろ切除術後17日

 最近、結構多い症例が「ほくろ切除」です。春休みだからでしょうか。
ほくろって、気になって触ってしまうものですよね。そうすると、大きくなってしまいます。するとまた気になり触ってしまって、また大きくなるの悪循環となります。
 平坦なほくろであれば、レーザー照射をすることにより、色が薄くなり目立ちにくくなります。しかし、隆起しているほくろにレーザー照射をしましても、確かに色は薄くなりますが隆起物は無くなりません。隆起していることが目立つ原因ですので、隆起しているほくろは、切除術の方が良いと思います。
切除術をした際に、傷跡は0にはなりませんが、術後半年もすればほとんど分からないくらいになります。

関連記事

  1. 術前

    ほくろ 顔(切除術)

  2. 術直後

    ほくろ 眉(切除術)(1年後)

  3. ほくろ切除 術前

    ほくろ (切除術)

  4. 術前

    ほくろ 額(切除術)

  5. 術前

    ほくろ 額(切除術)(1年3か月後)

  6. 術前

    皮膚腫瘍の切除です。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。