縫う?縫わない?

初診時2
受診時

初診時

加療2週間後

加療2週間後

加療2か月後

加療2か月後

 怪我をされ、皮膚が切れてしまい縫合希望で来院される患者さんがおられます。
また、その逆で、他院で縫うように言われたからと、逃げて(?)来られる患者さんもおられます。
私の考え方は、「縫うまでも無い傷に対しては縫わない。」です。
 上記写真は、本年3月29日のブログで御紹介させて頂いた症例です。
2歳の可愛い女の子です。
ソファーの上から転落し、下にあった木箱におでこをぶつけて受傷されました。
縫合はせず、テープ固定で治しました。
この程度の傷であれば、縫わずにテープ固定で奇麗に治ります。
縫うこともけっして悪い処置では御座いません。
しかし、縫おうと思いますと
① 局所麻酔をしなければならない。 ←結構痛い!子供にはちょっと可哀想・・・
② 糸が通っていた穴が残り、いかにも「縫いました」という傷になってしまう可能性がある。
以上より、縫うほどでは無い傷に対しましては、敢えて縫わずにテープ固定で加療しております。
ただし、もちろん縫った方が奇麗に治る可能性が高い場合は、縫合致します。
(私は、ちょうちょ結びで縫合は致しませんので、あしからず 😀 )
 最近蒸し暑いですね。しかしこの時期、結構「風邪」の患者さんがおられるんですよ。
体調管理には、十分ご注意下さい。

関連記事

  1. 初診時(水疱膜切除後)

    顔の熱傷です。(湿潤療法)

  2. 初診時痂皮切除後

    1歳 手掌の熱傷です。(湿潤療法)

  3. 初診時

    左小指の切創です。(湿潤療法)

  4. 初診時

    眉部の挫創です。(なつい式湿潤療法)

  5. 初診時2

    指の切創(湿潤療法)

  6. 初診時2

    植皮が必要と言われた1歳 胸部の熱傷です。(湿潤療法)

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP