先日来院された傷の患者さん。

 先日、大阪の南の方からわざわざ来院して頂きました。
2歳の可愛い男の子です。
額をガラスケースにぶつけて受傷されました。
近くの病院へ救急搬送。その後、近医形成外科で加療されておられました。
近医の形成外科医からは
「濡らしてはいけない」
「毎日消毒する事」
と言われたそうです。 😡
最初に受診された救急病院からは、「抗生剤」が処方されていました。
何故、無意味というより、有害な事を上記お2人の医師は、患者さんに勧めるのでしょうか?
創部はシャワーで洗わないと、雑菌が取れません。それどころか、何しろこの時期、汗で気持ち悪いじゃあないですか。
おそらくそれが原因でしょう。可哀想に、創部のまわりに「とびひ」が出来ておりました。 😥
(「とびひ」には抗生剤を内服した方が良いです。よって、処方致しました。)
消毒したら、創部が無菌になるとでも思っておられるのでしょうか?
感染していないのに抗生剤を内服すると、存在しておいてもらいたい皮膚常在菌が死滅します。
よって、厄介な菌がつきやすい環境をわざわざ提供する事になります。
感染」とはどういう状態なのかを正確に認識している医師は、未だに少ないような気がします。
正直に申しまして、私も「湿潤療法」をするようになった3年前までは、消毒、抗生剤処方をしておりました。
よって、全く偉そうな事は言えません。
患者さんにとって痛みの少ない、早く、奇麗に治る「湿潤療法」がより一層広がるように、努力して参ります。

関連記事

  1. 初診時(水疱膜切除後)

    大腿の熱傷です。(湿潤療法)

  2. 初診時

    下腿の熱傷です。(湿潤療法)

  3. 初診時

    4歳 顔面の挫創です。(湿潤療法)

  4. 初診時

    2歳 前腕の熱傷です。(湿潤療法)

  5. 初診時2

    頬の切創に対しテーピングで加療

  6. 初診時

    3歳大腿,下腿の熱傷。(なつい式湿潤療法)(3年後写真有)

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP