「抗菌」って意味あるのでしょうか?

 身の回りの商品で「抗菌仕上げ」なる物を、最近よく目にします。
ボールペン等文房具や、石鹸、洗剤等々。
この「抗菌」って、本当に意味があるのでしょうか?
所詮、人間の体内は雑菌だらけです。どれだけ毎日手を洗って、体を洗っていましても、雑菌だらけです。
先日、広島大学の生物学者の先生が
「人間の体は60兆個の細胞から出来ている。その人間の体には、
100兆個の細菌、ウィルスが生存している。」とおっしゃっていました。 😯
そんな中でボールペンを「抗菌」する意味って、本当にあるのでしょうか?
100兆個ある細菌、ウィルスがもしも目に見える存在であったら、きっとボールペンについている細菌くらい大した量ではなので、気にならないと思うのですが・・・。

関連記事

  1. 85歳で現役!

  2. 世界に一つのPCケース

  3. 先生老けたなー!

  4. MAKE・A・WISH(メイク・ア・ウィッシュ)

  5. 停電

  6. 未成年のみの受診はお断りしております。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP