湿潤療法を求めて

 先日も、数件の病院、皮膚科を受診して、従来通りの治療(消毒、ガーゼ)に対し「何かこの治療方はおかしい!」と思われ、ご自分でネットで調べ、「湿潤療法」にめぐり会い、ご遠方から当院へ御受診して頂いた患者さんがおられました。
 本当にこのパターンが多いです。中には、「植皮」を勧められ、逃げて来られる患者さんも多くおられます。それも、かなり大きなその地域の基幹病院から逃避(?)されて来られる患者さんが多いです。残念ながら、大きな病院ほど「湿潤療法」をしている所は少ない様です。熱傷患者難民が相当数いらっしゃると思われます。

 

 何故こんなに、
痛みが少ない
早く治る
奇麗に治る

 

治療なのに、普及しないのか不思議でなりません。
特に、「植皮」を勧められた患者さんがお知り合いにおられましたら、是非とも「湿潤療法」という治療法が有る事を教えてあげて下さい。
「植皮」をされてからでは、もうどうすることも出来ません。
特にお子様は、最初から植皮術を受けますと、本当に可哀想な事になります。 😥
(手のひらの熱傷後の拘縮に対しては、植皮が必要となる事があります。)
全国で湿潤療法をしている医師のリストです。
是非、ご参考にして下さい。

関連記事

  1. 初診時

    2歳 胸部の熱傷です。(湿潤療法)

  2. 初診時

    5歳 指の挫創です。(なつい式湿潤療法)

  3. 初診時2

    3歳 頬の熱傷です。(なつい式湿潤療法)

  4. 初診時

    6歳 5年間治らなかった手荒れです。(湿潤療法)

  5. なんで湿潤療法はメジャーな治療にならないんですか?

  6. 初診時

    1歳 胸部の熱傷です。(湿潤療法)

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP