前腕の湿疹(湿潤療法)

初診時2
受診時

初診時

加療後

加療後

患者さんは、30代男性です。
数年来、全身の湿疹に悩まれておられました。
私が指導した事は
① ナイロンでのあかすりを止める。
② 糖質制限をする。
以上たったの2点のみです。

湿疹が出来る
 ↓
かゆい
 ↓
余計に垢すりをする
 ↓
傷だらけになる

 ↓
余計に湿疹が出来る

という、負のスパイラルに入っておられました。
また、糖質を制限することにより、お肌も奇麗になってきました。
(ニキビの多い方に糖質制限をお勧めしますと、結構良くなります。)
お肌を奇麗に保つためには、余計な事は何もしないという事が、重要なんだろうと思います。
すっかり良くなり、患者さんにも喜んで頂けました。

関連記事

  1. 初診時(前腕)

    前回の続きです。(湿潤療法)

  2. 術中(粉瘤被膜を摘出)

    頚部の粉瘤(アテローム)です。(くりぬき法)

  3. 初診時(水疱膜切除後)

    大腿の熱傷です。(湿潤療法)

  4. 初診時(1)2

    1歳 右上肢の熱傷です。(湿潤療法)

  5. 初診時(左手)

    前々回の続きです。

  6. 初診時

    1歳 腕の熱傷です。(湿潤療法)

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP