手の熱傷です。(湿潤療法)

初診時

 患者さんは、20代女性です。
お仕事中に、滅菌する機械に触れ、熱傷されました。
すぐに、近隣の救急病院を受診。
従来通りの治療だった為に、湿潤療法目的にて、当院受診されました。

初診時

初診時

初診時(水疱膜切除後)

初診時(水疱膜切除後)

加療後7日

加療後7日


 1週間で、すっかりよくなりました。
患者さんの多くの方は、治療中の痛みの少なさと、治癒するまでの速さに驚かれます。
「先生、凄いです!」と言って頂く事もまれでは御座いません。
そう言って頂くと凄く嬉しいのですが、
しかし、僕が凄いのではなく、あくまでも湿潤療法が、そして湿潤療法を確立された夏井先生が凄いのですが・・・と恐縮致します。

関連記事

  1. 初診時(正面)

    顔面の挫創です。(なつい式湿潤療法)

  2. 初診時

    頚部から肩にかけての熱傷です。(なつい式湿潤療法)

  3. 2歳 顔の割創 治療2年後の状態です。

  4. 植皮が必要と言われた手指の熱傷です。(湿潤療法)

  5. 初診時

    額の割創です。(なつい式湿潤療法)

  6. 初診時2

    1歳 手の熱傷です。(湿潤療法)

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP