美肌でいるために

さて、このご立腹のご婦人は誰でしょう?
首筋、右手のしわ、顔のしわ、結構老けていらっしゃいます。
 良く、患者さんからお肌の相談を受けます。
私の答えはいつもこうです。
①顔をごしごし洗わない。
②化粧しない。
③クリーム塗らない。
です。
ほとんどの女性が、残念ながら良かれと思い
顔を化粧が完全に落ちるまでごしごし洗い、
お肌に良いと書いてある高価なお化粧品を使いお化粧をし、
保湿が重要だと高価なクリーム剤をぬっておられます。
夏井先生のHPに書いてある通り、上記はお肌に悪いオンパレードです。
お顔をごしごし洗いますと、肌が痛みます。頬骨の出っ張っている所にシミがあるご婦人の多くは、ごしごし洗われている方が多いです。
お化粧、クリームは共に、界面活性剤です。つまり、洗剤です。
よって、お顔に洗剤を塗っている様なものなのです。
顔をごしごし洗い、かっさかさにして、洗剤を塗るという行為がお肌に良いわけが御座いません。
顔に元々有る皮脂と、クリームの油、どちらが顔の美肌に役立つのでしょうか。
もちろん、自分の体から出てくる皮脂です。だって、皮脂には界面活性剤は入っていませんから。
あまり、ごしごし洗わずに、ワセリンで保湿をするのが一番効果的です。そして、一番廉価です。

 

上記写真の答えは

シャロン・ストーン

シャロン・ストーン

 シャロン・ストーンさんでした。
いかにお化粧が顔に悪いかの証拠です。

関連記事

  1. 初診時2

    1歳 手掌の熱傷です。(なつい式湿潤療法)(約1年後の写真有…

  2. 初診時

    顔面の挫創です。(なつい式湿潤療法)

  3. なつい式湿潤療法の説明 初診時2

    顔の挫創です。(なつい式湿潤療法)

  4. 初診時(1)

    顔面の熱傷です。(湿潤療法)

  5. 初診時

    植皮が必要と言われた下腿の低温熱傷です。(湿潤療法)

  6. 初診時

    左小指の切創です。(湿潤療法)

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP