粉瘤(アテローム)や傷やけど治療はこおりたひろ形成整形外科クリニックへ|粉瘤|アテローム|なつい式湿潤療法|大阪|

植皮が必要と言われた下腿熱傷です。(湿潤療法)

 患者さんは、20代男性です。
バイクのマフラーに右下腿を接触し、熱傷されました。
お近くの皮膚科を受診され、従来通りの治療(ガーゼ、消毒処置)を約3週間受けておられました。
しかし、一向に治らない為に「植皮が必要です。」と言われたそうです。
そこで、患者さんご自身で色々調べられ「湿潤療法」にたどりつき、当院を御受診されました。

受診時

加療2週間後

加療1か月後

植皮する事無く、無事治りました。患者さんにも喜んで頂き良かったです。
植皮を勧められてお困りの患者さんは、是非とも「湿潤療法をしている医師」にご相談される事をお勧めいたします。

関連記事

  1. 初診時2

    2歳男児 足の熱傷です。(湿潤療法)

  2. 初診時(頚胸部1)

    前回の続きです。

  3. 初診時

    4歳 前腕の熱傷です。(湿潤療法)

  4. 初診時(斜位)

    挫創 顔(湿潤療法)

  5. ナイロン糸挿入後

    犬による手の咬傷です。(ナイロン糸ドレナージ法)

  6. 初診時(膝)

    7歳 膝の挫創です。(湿潤療法)

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。