粉瘤(アテローム)や傷やけど治療はこおりたひろ形成整形外科クリニックへ|粉瘤|アテローム|なつい式湿潤療法|大阪|

7歳男児 前腕の挫創です。(湿潤療法)

初診時

 患者さんは、7歳の可愛い男の子です。
はしご車に体験乗車した際に、右手を挟まれ受傷されました。
他院で、消毒、ガーゼと従来通りの処置だった為に、
治療法に疑問を持たれた御両親が色々と調べられ、
湿潤療法」目的にて来院されました。

初診時

初診時

加療後10日

加療後10日

もう治っています。
この後は、ワセリンで保湿有るのみです。

加療後1か月

加療後1か月

他院での加療中は、消毒の度、ガーゼをはがず度に泣いておられたそうです。
そりゃあそうですよね。
創部にガーゼはひっつきますので、剥がす際に出血は必発ですから。
僕も泣くと思います。
湿潤療法に治療法を切り替えてからは、痛がられる事もほとんど無くなり、泣かれる事も無く、喜んで頂きました。
湿潤療法の利点は、もちろん早く奇麗に傷が治る事ですが、その上「痛みが少ない」というのは大きな魅力だと思います。

関連記事

  1. 初診時

    挫創 頚部(湿潤療法)

  2. 初診時2

    挫創 5歳 鼻(湿潤療法)

  3. 術直後(左側)

    いぼ 頚部 切除術 

  4. 受診時

    2歳 女児 顔の熱傷です。(湿潤療法)

  5. 初診時2

    熱傷 1歳 手(湿潤療法)

  6. 加療後1日(掌側)

    前腕の熱傷です。(湿潤療法)

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。