粉瘤(アテローム)や傷やけど治療はこおりたひろ形成整形外科クリニックへ|粉瘤|アテローム|なつい式湿潤療法|大阪|

下腿の熱傷です。(湿潤療法)

初診時2

 患者さんは、40代女性です。
お湯を下腿にかけてしまい、熱傷されました。
その日に、地域の基幹病院救急外来受診。
従来通りのガーゼ処置を受けられ、あまりの痛みに
「この治療法はおかしい!」と思われたそうです。
そこでご自分で色々と調べられ、湿潤療法にたどりつき、当院受診されました。
当院受診されるまでの3日間、ご自分で創傷被覆材を購入され、ご自分で治療されておられました。(凄い!です。)
そのおかげで、すぐに治りました。

初診時

加療4日後

加療後1年

加療後1年

加療中は、ほとんど痛みも無く、安心して治療して頂きました。

関連記事

  1. 初診時(正面)

    左下腿から足にかけての熱傷です。(湿潤療法)

  2. 初診時(膝)2

    手、膝の挫創です。(湿潤療法)

  3. 初診時(背側)

    7か月 点滴漏れによる皮膚壊死です。(湿潤療法)

  4. 術中(被膜ごと摘出)

    腹部の粉瘤(アテローム)です。

  5. 初診時2

    挫創 顔(なつい式湿潤療法)

  6. 術前

    シミ 顔(切除術)

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。