粉瘤(アテローム)や傷やけど治療はこおりたひろ形成整形外科クリニックへ|粉瘤|アテローム|なつい式湿潤療法|大阪|

左半身挫創の患者さんです。(湿潤療法)

初診時(肘)

 患者さんは、40代 男性です。自転車で転倒され受傷されました。
肘、腹部、大腿、下腿と挫創されました。
○○病院受診され、従来通りの治療(ガーゼ、消毒)を受けられました。
処置の度に、ガーゼを剥がす際、出血しかなりの痛みを伴う為に、この治療はおかしいと思われたそうです。
そこで、色々と調べられ「湿潤療法」にたどりつき、当院受診して頂きました。
全ての部位の写真を並べますと非常に長くなりますので、今回は、肘の挫創の治癒過程を掲載させて頂きます。
他部位は、後日掲載させて頂きます。

初診時(肘)

 ガーゼの跡が痛々しいです。

加療2日後(肘)

加療6日後(肘)

加療9日後(肘)

加療2週間後(肘)

加療3週間後(肘)

「処置中の痛みがほとんど無くて助かりました。」と言って頂きました。

関連記事

  1. 初診時(頚胸部)2

    1歳 男児 頚部、胸部、足の熱傷です。(湿潤療法)

  2. またまた、植皮を勧められた患者さんが逃げて来られました。(湿…

  3. 初診時

    挫創 膝(湿潤療法)

  4. 加療後1日(正面)

    0歳 下腿、足の熱傷です。(湿潤療法)

  5. 初診時

    眉毛部の切創です。(テープ固定で加療しました)

  6. 初診時2

    縫う?縫わない?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。