粉瘤(アテローム)や傷やけど治療はこおりたひろ形成整形外科クリニックへ|粉瘤|アテローム|なつい式湿潤療法|大阪|

頚部の粉瘤(アテローム)です。

術前2

 患者さんは、40代 男性です。
2年前より、頚部にアテロームが有ったそうです。
気になり、触っていたら大きくなって来た為に近医を受診。
手術を勧められたが、説明に納得がいかず、当院受診されました。

術前

術中(粉瘤の被膜を摘出)

術後11日

 「手術して良かったです。傷跡も奇麗になって、良かったです。」
と言って頂き嬉しかったです。
術者としましては、「手術して良かったです。」と言って頂けた時はホッと致します。
ちなみに、もちろん術前は消毒致しませんし、術後も一切消毒は致しません。抗生剤も処方致しません。

関連記事

  1. 術中

    炎症が強い背部の粉瘤(アテローム)です。(くりぬき法)

  2. 術中(粉瘤内容物を排出)

    背部の粉瘤(アテローム)です。(くりぬき法)

  3. 術前

    頚部の粉瘤(アテローム)です。

  4. 粉瘤(アテローム)摘出 術中(粉瘤被膜を摘出)

    粉瘤(アテローム)頚部(くりぬき法)

  5. 術中(粉瘤被膜を摘出)

    粉瘤(アテローム)背部(くりぬき法)

  6. 術前

    頬の粉瘤(アテローム)です。(くりぬき法)

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。