粉瘤(アテローム)や傷やけど治療はこおりたひろ形成整形外科クリニックへ|粉瘤|アテローム|なつい式湿潤療法|大阪|

背部の粉瘤(アテローム)です。

8月3日(粉瘤被膜を摘出)2

 患者さんは50代 男性です。
インターネットで色々と調べられ、わざわざ他県より当院へ受診して頂きました。

8月3日(術前)

8月3日(粉瘤内容物を排出)

8月3日(粉瘤被膜を摘出)

8月3日(術直後)

8月5日

8月12日

8月27日

 半年もしますと、ほとんど分からないくらいの傷跡になります(もちろん0にはなりませんが)。
ちなみに、術後当日は出血しておりますので止血剤を創部に埋め込みます。
その上に防水テープを貼りますので、当日からお風呂、シャワーOKです。
手術翌日からは、創部に直接シャワーをかけて洗って頂きます。
消毒は一切致しません。
消毒いたしますと痛いですし、傷は深くなりますし、正常な細胞は殺されますし、良い事が無いからです。
そして、術後感染予防目的での抗生剤の処方は致しません。
感染したら処方致しますが、感染していない状態で抗生剤を内服しますと、正常細菌が殺され、逆にやっかいな菌がつきやすい環境を創り出す事になるからです。

関連記事

  1. 術前

    感染状態の肩の粉瘤(アテローム)です。(くりぬき法)

  2. 昨日来院された、可哀想な患者さん。

  3. 術前

    炎症が強い背部の粉瘤(アテローム)です。(くりぬき法)

  4. 摘出された粉瘤

    粉瘤(アテローム)頚部(くりぬき法)

  5. 頚部の粉瘤(アテローム)です。(くりぬき法)

  6. 粉瘤(アテローム)摘出 術中

    粉瘤(アテローム)背部(くりぬき法)