粉瘤(アテローム)や傷やけど治療はこおりたひろ形成整形外科クリニックへ|粉瘤|アテローム|なつい式湿潤療法|大阪|

足の爪を剥がされた!(湿潤療法)

初診2

 患者さんは20代 女性です。
鉄のドアに左足の親指(第一趾)をぶつけてしまい、爪がグラグラに。
地元では結構有名な外科を受診。
「取れかけてるから取っとくわ。」と軽いノリで麻酔せずに(!)本人の許可なく、グラグラになっている爪を引き剥がされたそうです。
当然、物凄く痛かったそうです。
その上に、消毒!
そしてガーゼ!
次から次へとやってくる激痛の嵐!
(そのお話を聞いただけで、冷や汗が出ました。これって傷害罪???と思ってしまいました。)
これはおかしいと思われ、ネットで色々と調べられ、当院受診して頂きました。
プラスモイストで被い、加療致しました。
もちろん、1回も消毒は致しません。患者さんは、毎日お風呂、シャワーOKです。
激痛から解放され、喜んで頂きました。

初診

加療2日後

加療12日後

 

関連記事

  1. 初診時(糸挿入後)-2

    犬による手の咬傷です。(ナイロン糸ドレナージ法)

  2. 術直後

    頬の粉瘤(アテローム)です。(くりぬき法)

  3. 初診時

    挫創 前腕(なつい式湿潤療法)

  4. 初診時

    2歳 右上肢の熱傷です。(湿潤療法)

  5. 初診時

    熱傷 大腿、下腿(なつい式湿潤療法)(3年後)

  6. 手荒れの患者さんへ