粉瘤(アテローム)や傷やけど治療はこおりたひろ形成整形外科クリニックへ|粉瘤|アテローム|なつい式湿潤療法|大阪|

膝の挫滅創です。(湿潤療法)

異物除去後

 患者さんは、11歳 頭脳明晰で礼儀正しい男の子です。
学校で転倒され、溝に左膝をぶつけて受傷されました。
学校の保健室で消毒、ガーゼ処置を受けられてから、当院へ来院されました。
湿潤療法」の説明をし、創傷被覆材で加療致しました。
保健室での消毒、ガーゼ処置はとても痛かったそうですが、当院での処置はほとんど痛くなかったそうです。
もちろん、当日からシャワーOKです。
1回も消毒しておりませんし、感染傾向は御座いませんでしたので、抗生剤の処方もしておりません。
患者さんにして頂く事は、毎日流水で洗って、創傷被覆材を貼って頂くだけです。
 ここで「消毒」に関して、少し書かせて頂きます。
激痛を伴う「消毒」をする事によって、少しでも感染予防になったり、傷が綺麗に治ったり、早く治るのであれば、「消毒」をする意味が御座います。
しかし、「消毒」する事によって、皮膚を守ってくれている皮膚常在菌が死滅されますし、正常な皮膚も痛みます。
よって、「消毒」する事によって、感染しやすくなり、傷が深くなり、治るのが遅くなるのです。
「消毒」することは、痛みを伴う上に、良い事が全くないのです。
(私も「湿潤療法」に出会う4年前までは、良かれと思い、消毒の効果を信じ、何の疑いも無く、消毒、ガーゼ処置をしておりました。それまでの患者さんには、申し訳ない気持ちで一杯です。「湿潤療法」を教えて頂いた夏井睦先生には感謝感謝です。)
 感染予防の為には、流水(お湯でもOK)で洗い流すことが一番です。

初診時

初診時(異物除去後)

加療後2日

加療後5日

加療後9日

加療後14日

加療後19日

加療後26日

関連記事

  1. 初診時

    熱傷 腕(湿潤療法)

  2. いったい何を信用したら良いのですか?

  3. 初診時

    下腿の熱傷です。(湿潤療法)

  4. 初診時

    1歳 手の熱傷です。(湿潤療法)

  5. 初診時

    植皮が必要と言われた前腕の熱傷です。(湿潤療法)

  6. ナイロン糸挿入後

    犬による手の咬傷です。(ナイロン糸ドレナージ法)