粉瘤(アテローム)や傷やけど治療はこおりたひろ形成整形外科クリニックへ|粉瘤|アテローム|なつい式湿潤療法|大阪|

頬の粉瘤(アテローム)です。

術中

 患者さんは、40代 男性です。
数年前に、左頬に粉瘤に対し、他院で手術を受けられました。
しかし、数か月前から再発。
近医受診されましたが、抗生剤を処方され暫く様子をみるように言われたそうです。
しかし、一向に良くならない為に、色々と調べられ、他府県より手術目的にて、当院を受診して頂きました。
 粉瘤は垢がたまる病気ですので、抗生剤を内服しましても治りません。
他院から来院された患者さんの7割程の方々は、抗生剤を処方され内服されておられます。
もちろん、やめて頂きます。
当院では、術後感染した場合にのみ処方致しますが、感染状態では無いにも関わらず抗生剤を処方することは御座いません。
感染していない粉瘤に対し、抗生剤を内服して粉瘤が治ることは無いからです。
ちなみに当院で、ここ1年間で抗生剤を処方した患者さんは、2名ほどです。

 

術前

術中

術直後

術後1日

術後1日

術後7日

術後19日

 

関連記事

  1. 粉瘤(アテローム)摘出 術中(粉瘤内容物を排出)

    粉瘤(アテローム)頚部(くりぬき法)

  2. 術前

    炎症が強い背部の粉瘤(アテローム)です。(くりぬき法)

  3. 術中(粉瘤被膜を摘出)

    頚部の粉瘤(アテローム)です。(くりぬき法)

  4. 術中(粉瘤被膜を摘出)

    背部の粉瘤(アテローム)です。(くりぬき法)

  5. 粉瘤(アテローム)摘出 術中(粉瘤内容物を排出)

    粉瘤(アテローム)額(くりぬき法)

  6. 術中(くりぬき法)

    炎症性粉瘤(アテローム)頚部(くりぬき法)