粉瘤(アテローム)や傷やけど治療はこおりたひろ形成整形外科クリニックへ|粉瘤|アテローム|なつい式湿潤療法|大阪|

腹部の粉瘤(アテローム)です。

術中(被膜ごと摘出)

 患者さんは、20代 女性 です。
約1年前より、腹部に腫瘤があったそうです。
インターネットで色々と調べられ、当院を受診して頂きました。
 くりぬき法で手術致しました。
 いつも、書いておりますが、術後は湿潤療法で傷を治しますので、一切消毒は致しません。消毒すると、傷は深くなりますし、とても痛いです。
 また、感染状態ではない患者さんに、術後であっても抗生剤を処方することは御座いません。
 もちろん、この患者さんも、感染状態にはなりませんでしたので、術前術後を通して、抗生剤を処方しておりません。

術前

術中(被膜ごと摘出)

被膜ごと摘出された粉瘤

術直後

術後3日

術後8日

 

関連記事

  1. 術前

    背部の粉瘤(アテローム)です。

  2. 初診時

    膝の挫創です。(湿潤療法)

  3. 加療後9日(正面)

    8歳 足の熱傷です。(湿潤療法)

  4. 植皮が必要と言われた患者さん。

  5. 10月8日(初診・水疱膜切除後)

    30代 女性 下腿熱傷です。(湿潤療法)

  6. 術前

    粉瘤(アテローム)額(くりぬき法)