粉瘤(アテローム)や傷やけど治療はこおりたひろ形成整形外科クリニックへ|粉瘤|アテローム|なつい式湿潤療法|大阪|

背部の粉瘤(アテローム)です。(くりぬき法)

術中(粉瘤内容物を摘出)

 患者さんは、40代 男性 です。
5年前より、背部に粉瘤(アテローム)が有ったそうです。
5年前に、近医皮膚科で粉瘤(アテローム)の内容物のみを絞り出したそうですが、再度、大きくなりました。
(被膜を摘出しないと、すぐに再発し、大きくなります。)
最近に気になり始め、地域の大きな病院を受診されました。
その医師からは「粉瘤が大きいので、非常に大きな傷口になる。」と言われたのでご本人が不安になり、色々と調べられ、ご遠方より当院をご受診して頂きました。
 くりぬき法の説明、術後の傷の治り方を写真を使って説明させて頂き、ご納得して頂けましたので、手術をさせて頂きました。

術前

術中(粉瘤内容物を摘出)

摘出された粉瘤(上被膜・下内容物)

術後1日

術後5日

術後12日

術後19日

関連記事

  1. アテローム摘出術中2

    頚部に出来た 粉瘤(アテローム)

  2. 現在の粉瘤(アテローム)手術予約状況

  3. 術中(粉瘤被膜を摘出)

    粉瘤(アテローム)頚部(くりぬき法)

  4. 術中(粉瘤内容物を排出)

    炎症が強い頚部の粉瘤(アテローム)です。(くりぬき法)

  5. 術前

    炎症の強い背部の粉瘤(アテローム)です。(くりぬき法)

  6. 術前

    炎症性粉瘤 肩(くりぬき法)(2年後)