下腿の熱傷です。(湿潤療法)

初診時

 患者さんは、30代 男性です。
お味噌汁を左下腿にこぼして、熱傷されました。
近医受診され、消毒、ガーゼ、ゲーベン塗布 処置を受けられておられました。
(残念ながら、この3点セットは未だに非常に多いです。多くの患者さんは、あまりの痛みに、通院するのが嫌になられる様です。)
1週間後に受診すると
「創部が悪くなっている。植皮が必要になるかもしれない。」
と言われ、不安になり色々と調べられ、受傷後8日目に当院を受診して頂きました。
湿潤療法の説明をさせて頂き、
 植皮は必要ない事
 2週間以内には治る事
を説明。
プラスモイストで加療致しました。
1週間で、治り喜んで頂きました。

初診時

初診時

湿潤療法 加療後2日

加療後2日

湿潤療法 加療後6日

加療後6日

関連記事

  1. 初診時2

    8歳 背部の熱傷です。(湿潤療法)

  2. 血腫除去中

    右前腕挫滅創に対し他院で縫合。その後感染し受診された症例

  3. 初診時(左手)

    前回の続きです。

  4. 初診日

    1年半治らなかった傷が治りました。(湿潤療法)

  5. 初診時(下腿正面)

    前回の続きです。

  6. 初診時2

    縫う?縫わない?

PAGE TOP