下腿の熱傷です。(湿潤療法)

 患者さんは、30代 男性です。

お味噌汁を左下腿にこぼして、熱傷されました。

近医受診され、消毒、ガーゼ、ゲーベン塗布 処置を受けられておられました。

(残念ながら、この3点セットは未だに非常に多いです。多くの患者さんは、あまりの痛みに、通院するのが嫌になられる様です。)

1週間後に受診すると

「創部が悪くなっている。植皮が必要になるかもしれない。」

と言われ、不安になり色々と調べられ、受傷後8日目に当院を受診して頂きました。

湿潤療法の説明をさせて頂き、

 植皮は必要ない事

 2週間以内には治る事 

を説明。

プラスモイストで加療致しました。

1週間で、治り喜んで頂きました。

初診時

初診時

湿潤療法 加療後2日

加療後2日

湿潤療法 加療後6日

加療後6日

 

関連記事

  1. 5歳 頬の挫創です。(湿潤療法)

  2. 前腕の熱傷です。(湿潤療法)

  3. 初診時

    1歳 肘部の熱傷です。(湿潤療法)

  4. 初診時

    3歳大腿,下腿の熱傷。(なつい式湿潤療法)(3年後写真有)

  5. 初診時(鼻下)

    顔の挫創です。(なつい式湿潤療法)

  6. 2歳 顔の割創です。(テープ固定)

PAGE TOP