先日来院された可愛そうな患者さん。

 先日来院された受傷1週間後の患者さんの話です。

0歳の可愛い可愛い女の子です。

指の熱傷をされて、「湿潤療法」をしていると謳っているクリニックを受診されました。

消毒はされなかったそうですが、創部を濡らさないように言われたそうです。

よって1週間、創部は洗われず、お風呂に入るときにはラップを指にぐるぐる巻きにして濡れないように注意をして入っていたそうです。

医師からの説明、処置の仕方がご両親が調べた「湿潤療法」といくつか違っており、不安になられ当院をご受診されました。

 これは、湿潤療法とは違います。

毎日洗い流さないと、感染しやすくなります。

1週間洗わなかった足は、水虫になりやすくなるでしょう。

指だって同じです。

傷が有るのであれば、なおさら洗わないと不潔になります。

石鹸を使用する必要は御座いません。

1週間洗われていなかった指は、垢でカピカピになっておりました。

湿潤療法で加療する際には、毎日シャワー、お風呂OKです。

「濡らしてはいけない。」と言う医師は、湿潤療法をしておりません。

くれぐれもご注意下さいますよう、宜しくお願い致します。

関連記事

  1. 初診時

    前腕の熱傷です。(なつい式湿潤療法)(4年半後の写真有)

  2. 加療後4日

    4歳 腹部の熱傷です。(湿潤療法)

  3. 1歳 植皮が必要と言われた上肢熱傷です。(湿潤療法)

  4. 本日のお電話でのご質問。

  5. 顔の切創です。(テープ固定)

  6. 頬の切創に対しテーピングで加療

PAGE TOP