粉瘤(アテローム)や傷やけど治療はこおりたひろ形成整形外科クリニックへ|粉瘤|アテローム|なつい式湿潤療法|大阪|

感染状態の肩の粉瘤(アテローム)です。(くりぬき法)

術前

 患者さんは、40代 男性です。
右肩に感染性粉瘤が認められ、手術希望で来院されました。
痛みが強い為に(外来もあまり混雑していなかった為に)、当日手術させて頂きました。
最近、お電話でのお問い合わせで
「粉瘤が感染しているのですが、手術できますか?」
というご質問が多いです。
お話をお聞き致しますと、その患者さん達のほとんどの方々が、
他院に行ってみたが、
 「感染状態では手術は無理。」
 「抗生剤を内服し、炎症が引いてから手術しましょう。」
と言われて手術を断られた方々です。
湿潤療法を開発された夏井睦先生のH.P.にも有ります通り、感染状態であっても、炎症が強くても、基本的に手術は可能です
 術後、感染状態にはなりませんでしたので、抗生物質は処方しておりません。また、術後の創部は湿潤療法で治療致しますので、術後消毒は一切致しておりません。術後当日からシャワーOKです。

術前

術中(粉瘤内容物を排出)

術直後

術後2日

術後3日

術後6日

術後10日

関連記事

  1. 術中

    粉瘤(アテローム)額(くりぬき法)

  2. 術中(摘出された粉瘤被膜)2

    腹部の粉瘤(アテローム)です。

  3. 術前

    炎症が強い背部の粉瘤(アテローム)です。(くりぬき法)

  4. 術前

    ほくろ 顔 切除術

  5. 粉瘤(アテローム)摘出 術中(粉瘤被膜を摘出)

    粉瘤(アテローム)頭(くりぬき法)

  6. 術中(粉瘤被膜を摘出)

    粉瘤(アテローム)肩(くりぬき法)