前腕の挫創です。(湿潤療法)

 患者さんは、30代 女性 です。

自転車で転倒され受傷されました。

家に有った「キズドライ」を創部に散布。

その後、激痛となり、色々と調べられ「湿潤療法」目的にて来院されました。

夏井睦先生(湿潤療法を開発された先生)のH.P.にも記載が御座います通り、「キズドライ」は使用してはいけない商品です。

「湿潤療法」とは真逆を行く治療法ですので、それはそれは痛みを伴います。また、傷も深くなり、感染もしやすくなります。

 ご受診後、すぐに「キズドライ」を洗い流し、創傷被覆材を貼りました。貼ったとたんに、痛みは軽減致しました。

 感染しておりませんでしたので、抗生物質は処方しておりません。もちろん、毎日シャワー、お風呂OKです。

 

初診時(キズドライが散布されている)

初診時(キズドライが散布されている) 

初診時(キズドライを洗い流した後)

初診時(キズドライを洗い流した後)

湿潤療法 加療後3日

加療後3日  

湿潤療法 加療後10日

加療後10日

関連記事

  1. 感染していないのに抗生物質を内服することは止めましょう。

  2. 初診時

    7歳男児 前腕の挫創です。(湿潤療法)

  3. 初診時

    1歳 大腿の熱傷です。(なつい式湿潤療法)

  4. 初診時

    顔面の挫創です。(なつい式湿潤療法)

  5. 子供の熱傷患者さんが増えております。(湿潤療法)

  6. 湿潤療法に対する理解

PAGE TOP