腹部の粉瘤(アテローム)です。(くりぬき法)

 患者さんは30代 女性です。

 数年前より腹部に粉瘤が有ったそうです。

数日前から腫れてきたそうです。そこで、近医皮膚科を受診され抗生物質を処方されました。しかし、一向に腫脹が収まらない為に、当院受診されました。

「抗生物質を内服してとりあえず様子を見ましょう。」

と他院言われ、様子を見ていたが全く改善せず、色々と調べられて当院へご受診される患者さんは、本当に多いです。

 粉瘤は、毛穴の中に皮脂が溜まる病気ですから、抗生物質はほとんど効果御座いません。当院では術前に抗生物質を処方することは御座いません。

抗生物質を処方する場合は、術後感染した場合のみです。

(抗生物質を処方した症例は、過去1年間(約300症例)で2例です。その患者さんには、3日間抗生物質を内服して頂きましたら、治りました。)

 くりぬき法で手術致しました。

 また、当院では、術後創部は湿潤療法で治療致しますので、一切消毒は致しません。よって、術後処置の際の痛みはほとんど御座いません。

(術後創部の消毒はもの凄く痛いです。組織が破壊されるので、創部が深くなります。そして、消毒する事によって、皮膚を守ってくれている皮膚常在菌が死滅する為に、逆に感染し易くなります。)

粉瘤(アテローム)摘出 術前

術前

粉瘤(アテローム)摘出 術中(粉瘤内容物を排出)

術中(粉瘤内容物を排出)

 

粉瘤(アテローム)摘出 術中(粉瘤被膜を摘出)

術中(粉瘤被膜を摘出)

粉瘤(アテローム)摘出 術直後

術直後

粉瘤(アテローム)摘出 術後7日

術後7日

粉瘤(アテローム)摘出 術後14日

術後14日

 

関連記事

  1. 術前

    背部粉瘤(アテローム)

  2. 炎症が強い背部の粉瘤(アテローム)です。(くりぬき法)

  3. 頚部の粉瘤(アテローム)です。

  4. 頭部の粉瘤(アテローム)です。(くりぬき法)

  5. 術中

    炎症の強い粉瘤(アテローム)です。(くりぬき法)

  6. こめかみの粉瘤(アテローム)です。(くりぬき法)

PAGE TOP