背部の粉瘤(アテローム)です。(くりぬき法)

術後7日

 患者さんは、30代 女性です。
数年前から背部に粉瘤(アテローム)が有り、5年前に一度他院で手術を受けられました。その先生からは、
「とりあえず中身は出しとくけど、袋までは出せないから、再発したら袋まで取ってくれる所で手術してもらって下さい。」
と言われたそうです。
その数年後、やはり再発した為に、色々と調べられ、ご遠方より当院受診して頂きました。
 くりぬき法で手術いたしました。
術後は、もちろん湿潤療法で加療致しました。
よって、一度も消毒はしておりません
術後感染状態にはなりませんでしたので、抗生物質は処方しておりません。
術後翌日より毎日、創部にシャワーを直接かけて、お湯で流して頂きます
これが、一番の感染予防となります。
(本当は当日もシャワーOKなのですが、出血するとご自宅での処置が面倒ですので、当日は防水テープを創部につけて、入浴して頂いております。)
 他院で手術を受けられ、術後処置目的にて来院される患者さんもおられますが、そのほとんど方が、創部を濡らさないように言われております。
よって、数日間お風呂入っていない患者さんもおられます。
シャワーで創部を流すことにより、感染する事は御座いません。
1週間シャワー浴しなかった足より、毎日シャワー浴した足の方が、当然ですが綺麗です。
創部も同じです。

 患者さんはご遠方だったために、術後1週間で通院は終了とし、創部の処置の仕方を指導し、ご自分でして頂く事と致しました。
(指導と言いましても、湿潤な環境にするだけですが・・・)

粉瘤(アテローム)摘出 術前

術前

粉瘤(アテローム)摘出 術中(粉瘤内容物を排出)

術中(粉瘤内容物を排出)

粉瘤(アテローム)摘出 術中(粉瘤被膜を摘出)

術中(粉瘤被膜を摘出)

粉瘤(アテローム)摘出 術直後

術直後

粉瘤(アテローム)摘出 術後2日

術後2日

術後7日

術後7日

関連記事

  1. 術前

    目じりの粉瘤(アテローム)です。(くりぬき法)

  2. 粉瘤(アテローム)摘出 術中(粉瘤内容物を排出)

    炎症の強い頚部の粉瘤(アテローム)です。(くりぬき法)

  3. 炎症が強い背部の粉瘤(アテローム)です。(くりぬき法)

  4. 術前

    炎症の強い背部の粉瘤(アテローム)です。(くりぬき法)

  5. 背部粉瘤(アテローム)です。

  6. 耳の粉瘤(アテローム)です。

PAGE TOP