ダイエット目的の運動は危険です。

 「痩せようと思って毎日走っているんですけど、最近膝が痛いんです。」

という患者さん、結構多いです。

「健康のため」と思って、運動をされておられます。

しかし、考えてみてください。

重たい体で走ったら、膝、腰に負担がかかるのは当然です。

ですから、僕はそういう患者さんに毎回言っております。

走りたいと思っておられるなら、痩せてから走って下さい。」と。

「走る」という運動はかなり体に負担がかかるのです。

よって、「走る」という事をしたいのであれば、痩せてからしないと体を壊します。

総じて、「運動は体に悪い」のです。

運動をするから怪我をするのです。

運動をしなければ、怪我はしないのです。

気分転換も必要ですから、運動の全てを否定するすもりは御座いません。

(私は、大学時代バスケ部でした。下手でしたが。)

しかし、やり過ぎは体を壊しますので、ご注意下さい。

体は、そもそもそんな激しい運動をされると思って出来ておりません。

運動をすると膝が痛くなる。

ヒールを履くと足が痛くなる。

重たい物を持つと、腰が痛くなる。

お酒を飲みすぎると、肝臓が悪くなる。

となる訳です。

 ダイエットをするのであれば、糖質制限が一番楽です。

お腹いっぱい食べても痩せますので。

糖質制限とは、炭水化物(糖質)を食べない、または少なくする食事法です。(私はほとんど炭水化物は食べません。)

肉、魚、野菜はお腹いっぱい食べても太りません。しかし、炭水化物(糖質)はすぐに太ります。

茶碗一杯のご飯は、角砂糖約15個分の糖分です。食パン一枚は、角砂糖約7個分の糖分です。お腹の中では全く同じものになります。

運動は、痩せてから、適度にするように致しましょう。

関連記事

  1. 本日のお電話でのご質問。

  2. 新年明けまして、おめでとうございます。

  3. 新年あけましておめでとうございます。

  4. 背部の粉瘤(アテローム)です。(くりぬき法)

  5. お顔の肌荒れ、ニキビについて。

  6. 顔面の挫創です。(湿潤療法)

PAGE TOP