額の割創です。(テープ固定)

初診時

 患者さんは、30代 女性 です。
額を金属棚にぶつけて受傷されました。
お近くの救急病院を受診され、8針縫合されました。
色々と調べられ、その後の処置目的にて、当院へ来院されました。
 抗生物質が処方されており、内服されておられましたが、感染状態では無かったために、内服は中止して頂きました。
抗生物資を内服する事は、感染予防にはなりません。感染していないのに抗生物質を内服致しますと、体を守ってくれている常在菌が殺されますので、むしろ感染しやすくなります。)
前医からは濡らさないように指導されておられましたが、もちろん毎日創部に直接シャワーOKです。
毎日、シャワーで洗い流して頂く事が、一番の感染予防になります
早めに抜糸しないと糸の通っていた穴が残りますので、3日後に抜糸致しました。
その後は、テープで創部を引き寄せるように、約5か月間貼って頂きました。

初診時

初診時

加療後3日

加療後3日

加療後6日

加療後6日

加療後1か月

加療後1か月

加療後3か月

加療後3か月

加療後5か月

加療後5か月

 

関連記事

  1. 加療後9日

    前腕の熱傷です。(湿潤療法)

  2. 5歳 女児 顔の挫創です。(湿潤療法)

  3. 初診時(水疱膜切除後・右上肢)

    前回(4月24日)の続きです。

  4. 下腿の熱傷です。(湿潤療法)

  5. 初診時

    膝の熱傷です。(湿潤療法)

  6. 犬による手の咬傷です。(ナイロン糸ドレナージ法)

PAGE TOP