粉瘤(アテローム)や傷やけど治療はこおりたひろ形成整形外科クリニックへ|粉瘤|アテローム|なつい式湿潤療法|大阪|

1歳 胸部熱傷です。(湿潤療法)

初診時

 患者さんは、1歳の可愛い可愛い男の子です。
熱湯が胸部にかかり、熱傷されました。
かかりつけの小児科を受診され、「紫雲膏」を塗られたそうです。
詳しい説明もなかった為に、不安になり色々と調べられ、自己判断でプラスモイストをネットで購入し、貼っていたそうです。
このやり方で良いのか不安となり、当院を受診されました。
小児科の先生より、お母さんの方が正しい治療をされていました。
「紫雲膏」は使ってはいけない薬剤です。
(夏井先生のH.P.をご参照ください。)
湿潤療法の説明をさせて頂き、ハイドロコロイドで加療致しました。
もちろん毎日、シャワー、入浴OKです。
感染状態にはなりませんでしたので、抗生物質は処方しておりません
1週間ほどで治りました。お母さんが小児科の先生の治療法に疑問を持たれずに、毎日「紫雲膏」を塗っていたらと思いますと、ゾッと致します。

初診時

初診時

加療後7日

 

関連記事

  1. 先日来院された熱傷患者さん。

  2. 初診時(正面)2

    250度に熱せられた塗料による、前腕熱傷です。(湿潤療法)

  3. 初診(右前腕)

    肘、前腕、膝の挫創です。(湿潤療法)

  4. 初診時

    熱傷 下腿(湿潤療法)

  5. 右腕7月20日2

    アトピー性皮膚炎にもワセリンです。(湿潤療法)

  6. 初診時(顎)

    挫創 顎、手(湿潤療法)