膝の挫創です。(湿潤療法)

初診時

 患者さんは、13歳の男子です。
崖で転倒され受傷されました。
受傷後5日目に、湿潤療法目的にて当院受診されました。
初診時は、創部がかさぶたになっており、痛くて痛くて膝を曲げる事が出来ませんでした。
かさぶたは感染源にもなりますので切除し、その後はハイドロコロイドで加療致しました。
翌日からは、痛みが軽減し、普通に歩行出来るようになったそうです。
もちろん毎日、創部に直接シャワー、入浴OKです
OKというより、感染予防の為に、毎日創部に直接シャワーを当てて、洗い流さないといけません。
石鹸を使用するように指導している医療機関がある様ですが、石鹸は使用してはいけません。
創部に石鹸を使用致しますと、創部が深くなりますし、強い痛みを伴うからです。
感染状態にはなりませんでしたので、抗生物質は処方しておりません。
抗生物質を内服する事は、感染予防にはなりません。抗生物質は感染してから内服する薬剤です。感染予防の為に抗生物質を内服するという事は、癌になるのを予防する為に、毎日抗がん剤を内服しているようなものです。抗がん剤は、癌になってから内服する薬剤です。)

初診時

初診時

初診時(かさぶた切除後)

初診時(かさぶた切除後)

湿潤療法 加療後4日

加療後4日

湿潤療法 加療後7日

加療後7日

 

関連記事

  1. 初診時

    10歳女児 大腿熱傷です。(湿潤療法)

  2. 初診時

    瞼の挫創です。(なつい式湿潤療法)

  3. 加療後13日

    植皮が必要と言われた下腿の低温熱傷です。(湿潤療法)

  4. 初診時(顔)1-2

    1歳 顔と前腕の熱傷です。(湿潤療法)

  5. またまたまた植皮を勧められた患者さんが来られました。

  6. 初診時2

    頬の切創に対しテーピングで加療

PAGE TOP