顎部の挫創です。(湿潤療法)

 患者さんは、30代 女性 です。

コンクリートの道路で転倒され、受傷されました。

当日、お近くの○○病院救急外来受診されるも、従来通りの処置(消毒、ガーゼ)だったために、色々と調べられ、翌日、「湿潤療法」目的にて、当院を受診されました。

抗生物質が処方されておりましたが、感染状態では無い為に、中止致しました。

抗生物質は、感染してから内服するものです。感染するのが嫌だからという理由で、あらかじめ内服致しましても、感染予防にはなりません。感染していないにもかかわらず、抗生物質を内服いたしますと、体を守ってくれている健康な体にとって非常に大切重要な細菌が殺されますので、逆に感染しやすい状態になります。)

ハイドロコロイドで加療致しました。

もちろん、一度も消毒はしておりません

もちろん、毎日シャワー 入浴 OKです

初診時

初診時

 

湿潤療法 加療後4日

加療後4日

 

湿潤療法 加療後14日

加療後14日

 

関連記事

  1. 加療後13日

    植皮が必要と言われた下腿の低温熱傷です。(湿潤療法)

  2. 左上腕から前腕にかけての熱傷です。(湿潤療法)

  3. 顔面の挫創です。(湿潤療法)

  4. 2歳 顔の熱傷です。(湿潤療法)

  5. 初診時

    6歳 5年間治らなかった手荒れです。(湿潤療法)

  6. 初診時

    低温やけどにご注意ください。(湿潤療法)

PAGE TOP