粉瘤(アテローム)や傷やけど治療はこおりたひろ形成整形外科クリニックへ|粉瘤|アテローム|なつい式湿潤療法|大阪|

右手の挫創です。(湿潤療法)

初診時

患者さんは、20代 男性 です。
走っている際に転倒され受傷されました。
「湿潤療法」目的にて、当院受診されました。
創傷被覆材で加療致しました。
もちろん、一度も消毒はしておりません。
毎日、シャワー、入浴 OK です。
感染状態にはなりませんでしたので、抗生物質は処方しておりません。

初診時

加療後4日

加療後8日

加療後15日

手掌の皺も、きちんと元通りに治ります。
(別人にはなれません。)

関連記事

  1. 初診時

    額の割創です。(テープ固定)

  2. 初診時

    2歳 右上肢の熱傷です。(湿潤療法)

  3. 初診時2

    ティファール熱傷(湿潤療法)

  4. 初診時2

    熱傷 顔(湿潤療法)

  5. 初診時(肘)

    左半身挫創の患者さんです。(湿潤療法)

  6. 初診時

    挫創 手(なつい式湿潤療法)