冷湿布と温湿布はどう使い分けるのですか?

 このブログでは、「湿潤療法」「粉瘤」に関する症例が多いのですが、私は整形外科医ですので、基本的には整形外科の患者さんが多く来院されます。

その多くの患者さんが、「腰痛」「肩こり」「膝痛」です。

診療の際、よく「湿布」を処方いたしますが、その際に患者さんからよく質問される事が御座います。

それは、題にも書きましたが

「冷湿布と温湿布はどう使い分けるのですか?」

「冷湿布と温湿布はどちらが良いのですか?」

という質問です。

答えから書かせて頂きますと

冷湿布、温湿布共に、効果は同じです

そして、冷湿布、温湿布共に、皮膚温は1℃も下がっておりませんし、上がっておりません。

湿布の袋をよく見て頂きたいのですが、正しくは

冷感湿布

冷感湿布

 

温感湿布

温感湿布

 

「冷湿布」 「温湿布」 と書かれております。

そうなんです。感じるだけなんです

冷たい感じがする湿布の事は通称「冷湿布」、温かい感じがする湿布の事は通称「温湿布」と呼ばれております。

冷感の正体は「メンソール」、温感の正体は「カプサイシン」です。

「メンソール」はよくリップクリームの成分として使用されておりますが、スーっとした感じが致します。その感じが冷たい感じを醸し出しております。

「カプサイシン」は辛しの成分です。辛しを塗ると「ヒリヒリ、ピリピリ」と熱い感じが致します。その感じが温かい感じを醸し出しております。(温感湿布の方がかぶれ易いのは、辛しの成分のせいです。)

よって、冷感湿布を貼りましても、温感湿布を貼りましても、皮膚温は1℃も上がっておりませんし、下がっておりません

では湿布を貼る意味は無いのでしょうか?

そんなことは御座いません。

消炎鎮痛剤が含まれておりますので、痛みを抑える効果は御座います。

ただ、消炎鎮痛剤のみの湿布というのが無いのです。

「スーッ」「カーッ」という感じがないと売れないのでしょう。

よって、筋肉痛に湿布を貼る意味は御座いますが、「冷」であろうが「温」であろうがどちらでも効果は同じです。

 

関連記事

  1. 新年あけましておめでとうございます。

  2. 本日のお電話でのご質問。

  3. 顔面の挫創です。(湿潤療法)

  4. 最近来院された可愛そうな患者さん達。

  5. 頚部の粉瘤(アテローム)です。(くりぬき法)

  6. 術前

    額のほくろです。(切除術)(術後2年写真有)

PAGE TOP