粉瘤(アテローム)や傷やけど治療はこおりたひろ形成整形外科クリニックへ|粉瘤|アテローム|なつい式湿潤療法|大阪|

顔面の擦過創です。(湿潤療法)

初診時

 患者さんは40代 女性 です。
転倒され、受傷されました。
ご自分でプラスモイストを当てて治療されておられましたが、このままの処置で良いのか心配になり、受傷後2日目に当院ご受診されました。
全く正しい処置をされておられました。
 湿潤療法の説明をさせて頂きました。
もちろん、毎日シャワー、入浴 OK です。
感染状態にはなりませんでしたので、抗生物質は処方しておりません。
この様に、最初から湿潤療法で治療致しますと、この程度の傷であれば、数日で本当に綺麗に治ります。
受傷後数日間、イソジン消毒、ガーゼ処置を受けられた患者さんは、治るのに時間がかかりますし、傷跡も少なからず残る傾向が御座います。
治療は最初が肝心という事なのでしょう。
 

初診時

加療後5日

 

関連記事

  1. 初診時2

    挫創 指(なつい式湿潤療法)

  2. 初診時(正面)2

    挫創 顔(なつい式湿潤療法)

  3. 初診時

    目の上の挫創です。(湿潤療法)

  4. 初診時

    額の割創です。(テープ固定)

  5. 湿潤療法を求めて

  6. 初診時

    割創 8歳 眉(テープ固定)(1年後)