大腿の熱傷です。(湿潤療法)

初診時(水疱膜切除後)

 患者さんは、20代 女性 です。
沸騰したお湯をかぶって熱傷されました。
当日、お住まいの都市の基幹病院である○○病院救急外来を受診。消毒、アズノール、ガーゼ処置だったそうです。
翌日、別の基幹病院である○○病院皮膚科を受診。同じく、消毒、アズノール、ガーゼ処置だったそうです。
その際、医師からは「跡は残ります。」と言われたそうです。
そこでいろいろと調べられ、地元で有名な○○皮膚科を受診。
しかし、消毒、ガーゼ処置だったそうです。
その際、医師からは「跡は残るもんは残る!」と強く言われたそうです。
そこで再度、色々と調べられ、「湿潤療法」というものが有る事が分かり、当院をご受診されました。
熱傷後6日目でした。
湿潤療法の説明をさせて頂き、ハイドロコロイドで加療致しました。
以下、私からの説明です。
① 水疱膜は感染源になりますので、切除致します。
② 創部は、毎日シャワー、入浴 OK です。
③ 治療は、お風呂上りに創部にハイドロコロイドを貼るだけです。後は歌って、踊って頂いても構いません。(安静にする必要は全く御座いません。)
④ おそらく、2週間ほどで治ります。
⑤ 半年も致しますと、おそらくほとんど分からないくらいの跡になっています。
以上、説明いたしますと、かなり安心されたご様子で泣いておられました。
創部を綺麗に治すためには、一日でも早く湿潤療法で治療するに限ります。
消毒された期間が長い患者さんほど、途中で湿潤療法に切り替えましも、残念ながら跡がケロイドになる事が御座います。
この患者さんにとってラッキーだったことは、水疱膜を切除されなかった事です。水疱膜の上から消毒、アズノールだったために、創部にはほとんど消毒、アズノールが塗られていませんでした。よって、薬剤による障害が軽度で済みました。
(ちょっと皮肉な話ですが。)
水疱膜は感染源になりますので、湿潤療法をしている医療機関ではすぐに切除致します。
しかし、創部を消毒されるくらいでしたら、水疱膜が残っていた方が、創部に直接消毒剤が塗られませんので、まだましとなります。

初診時

初診時

初診時(水疱膜切除後)

初診時(水疱膜切除後)

湿潤療法 加療後2日

加療後2日

湿潤療法 加療後5日

加療後5日

湿潤療法 加療後12日

加療後12日

 明日から通常診療となります。
休暇中はご迷惑をおかけいたしました。

関連記事

  1. 初診時

    頬の挫創です。(湿潤療法)

  2. 手の熱傷です。(湿潤療法)

  3. 顎部、手掌の挫創です。(湿潤療法)

  4. 4歳 顔の挫創です。(湿潤療法)

  5. 顔の挫創です。(湿潤療法)

  6. 熱傷に対し、抗生物質を2か月間処方された患者さんが来院されま…

PAGE TOP