粉瘤(アテローム)や傷やけど治療はこおりたひろ形成整形外科クリニックへ|粉瘤|アテローム|なつい式湿潤療法|大阪|

6歳 胸部、頚部の熱傷です。(湿潤療法)

 患者さんは、6歳の苺が大好きな可愛い可愛い女の子です。
テーブルの上に置いてあった熱いお茶の入ったコップを倒してしまい、熱傷されました。
すぐに、地域の基幹病院である○○病院救急外来を受診されました。
消毒、ガーゼ処置をうけられ、ガーゼは2日間剥がさずにそのままにしておくように言われたんだそうです。
そして、濡らさないように言われたそうです。
その説明に納得がいかなかったご両親が色々と調べられ、「湿潤療法」目的にて当院ご受診されました。
ハイドロコロイドで治療致しました。
もちろん、毎日入浴 シャワー OK です。
感染状態にはなりませんでしたので、抗生物質は処方しておりません。

(胸部)

初診時(胸部)

加療後3日(胸部) 

加療後7日(胸部)

加療後20日(胸部)


頚部の経過写真は、次回掲載せさせて頂きます。

 

関連記事

  1. 初診時2

    顔の挫創です。(湿潤療法)

  2. 先日来院された可愛そうな患者さん。

  3. 初診時

    かぶれ 足関節(なつい式湿潤療法)

  4. 加療後7日2

    熱傷 手背(なつい式湿潤療法)

  5. 初診時

    顎部の割創です。(縫合・テープ固定)

  6. 初診時

    挫創 顔(なつい式湿潤療法)