1歳 肘部の熱傷です。(湿潤療法)

初診時

 患者さんは、1歳の可愛い可愛い女の子です。
お味噌汁をこぼして熱傷されました。
当日、地域の基幹病院である○○市民病院救急外来受診。
ガーゼ処置を受けられたそうです。
その翌日、ご自宅からお近くの○○皮膚科を受診されました。
処置は、従来通りの方法(消毒、ガーゼ)だったそうです。
処置の最中、泣きさけぶ娘を見ていられずに、「湿潤療法」に関して知識をお持ちだったお母さんは先生に
「湿潤療法でお願いしたいのですが。」と申し出られたそうです。
すると医師からは、
「ああ今、はやってるやつやな。このやり方で治る!」
医師に余計な事を言うなとばかりに、かなりきつく言われたそうです。
(湿潤療法は、はやりものでは御座いません。立派に確立された治療法です。)
そこで、色々と調べられ、ご遠方より当院を受診されました。
湿潤療法の説明をさせて頂き、ハイドロコロイドで加療致しました。
前医からは抗生物質が処方されていましたが、感染状態では御座いませんでしたので、中止致しました。
(抗生物質を内服する事は、感染予防にはなりません。
抗生物質は、感染してから内服する薬剤です。)
もちろん、毎日シャワー、入浴 OK です。
医療機関で娘さんが泣かなかったのは、当院が初めてだったそうです。
診察室に置いてあるアンパンマン人形のお蔭です。
(アンパンマン有難う!)
 患者さんから聞いていますと、他院で「湿潤療法」を希望されると、怒り出す医師は結構いるようです。
別に怒らなくても良いと思うのですが。残念なお話です。

初診時

初診時

加療後5日(湿潤療法)

加療後5日

加療後12日

加療後12日

関連記事

  1. 初診時2

    1歳 胸部の熱傷です。(湿潤療法)

  2. 初診時

    2歳 女子 頬を噛まれました。(湿潤療法)

  3. 初診時

    6歳 手の熱傷です。(湿潤療法)

  4. 初診時

    2歳 指の挫滅創です。(湿潤療法)

  5. 昨日来院された、可哀想な患者さん。

  6. 初診時

    2歳 女児 顔の挫創です。(湿潤療法)

PAGE TOP