犬による手の咬傷です。(ナイロン糸ドレナージ法)

 患者さんは、30代 女性 です。

飼い猫に右中指先端を咬まれて受傷されました。

痛くなってきたために、2日後に地元の○○皮膚科を受診されました。

そこの医師から

「深さが1cm有るから、膿んでいる部分と壊死している部分を切り取ります。」

と言われたそうです。

そこで、これはおかしいと思われ、その処置は一旦拒否され自宅に帰り、色々と調べられ夏井睦先生のナイロン糸ドレナージ法に辿り着き、夏井先生にメールされました。

すると、夏井先生からすぐにお返事が有り、当院へ行く様にと勧められたそうです。

そこで、当院受診となりました。

局所麻酔下にて、まずは傷の深さを探ります。

その後、ナイロン糸を挿入しました。

抗生物質は処方しておりません。

翌日、痛み、腫脹ともに軽減されました。

「是非ブログに載せて下さい!」とニコニコして帰られました。

犬、猫に噛まれた傷は、深いです。

よって、表面をいくら消毒致しましても、抗生剤を点滴致しましても、なかなか治りません。

深部に溜まった浸出液を排出しなければ、炎症は治まりません。

ナイロン糸ドレナージ法は簡便でかなり有益な処置方法です。

初診時-1

初診時-1

 

初診時-2

初診時-2

 

初診時(糸挿入後)-1

初診時(糸挿入後)-1

 

初診時(糸挿入後)-2

初診時(糸挿入後)-2

 

ナイロン糸ドレナージ法 加療後1日-1

加療後1日-1

 

ナイロン糸ドレナージ法 加療後1日-2

加療後1日-2

 

関連記事

  1. 顎部の挫創です。(湿潤療法)

  2. 下腿の熱傷です。(湿潤療法)

  3. 手の外傷です。(湿潤療法)

  4. 2歳 顔の熱傷です。(湿潤療法)

  5. 3歳 女児 前腕熱傷です。(湿潤療法)

  6. 5歳 女児 顔の挫創です。(湿潤療法)

PAGE TOP