植皮が必要と言われた下腿の低温熱傷です。(湿潤療法)

初診時

 患者さんは、40代 女性 です。
湯たんぽで右下腿を低温熱傷されました。
地元の○○クリニックを受診。
軟膏、ガーゼ処置を受けられておられました。
しかし、1か月経っても治らない為に、
「深いやけどなので、植皮をしないと治らない。それもなるべく早く植皮の手術を受けた方が良い。早速今日、植皮の日程を決めましょう。」
と言われたんだそうです。
納得がいかず一旦帰られ、色々と調べられ、ご遠方より当院受診されました。
もちろん植皮をせずに、おそらく3か月以内には治る事。
湿潤療法の説明。
感染状態では無いので、抗生剤を内服する必要が無い事。
毎日、シャワー 入浴 OK。
以上の説明をさせて頂き、ハイドロコロイドで熱傷部を被覆致しました。
患者さんは、かなりホッとされておられました。
植皮をせずにほとんどの熱傷は治ります。
植皮を勧められている患者さんがおられましたら、是非一度、湿潤療法をしている医師に相談をされる事をお勧め致します。
(一旦、植皮を受けられると、その傷はもう湿潤療法でも治すことは出来ません。皮下組織が破壊されているからです。)

初診時

初診時

湿潤療法 加療後7日

加療後7日

湿潤療法 加療後14日

加療後14日

湿潤療法 加療後21日

加療後21日

湿潤療法 加療後30日

加療後30日

湿潤療法 加療後35日

加療後35日

加療後42日

加療後42日

湿潤療法 加療後56日

加療後56日

関連記事

  1. 初診時

    手関節の熱傷です。(なつい式湿潤療法)

  2. 初診時2

    顔面の熱傷です。(なつい式湿潤療法)

  3. 植皮が必要と言われた下腿熱傷です。(湿潤療法)

  4. 初診時

    額の割創です。(なつい式湿潤療法)

  5. 加療後9日

    前腕の熱傷です。(湿潤療法)

  6. 初診時

    子供の足底の火傷です(湿潤療法)

PAGE TOP