炎症が強い頚部の粉瘤(アテローム)です。(くりぬき法)

 患者さんは、20代 女性 です。

数年前より、後頚部に粉瘤(アテローム)があったそうです。

1週間前より痛くなってきたために、炎症が有っても手術をしてくれる医療機関を調べられ、当院を受診されました。

痛みが強く、手術を希望されましたので、当日幸い(?)にも外来が混雑しておりませんでしたので、手術させて頂きました。

くりぬき法で手術致しました。

術後は湿潤療法で治療致しますので、一度も消毒はしておりません。

毎日、シャワー、入浴 OK です。

感染状態にはなりませんでしたので、抗生物質は処方しておりません。

患者さんの多くは、「あんな穴が開いていたのに、綺麗に治るものですね。」と言われます。

それは、創部を湿潤療法で治療しているからです。

消毒、ガーゼ処置では、処置の際の痛みが強く、あれほど綺麗には治りません。

 

粉瘤(アテローム)摘出 術前

術前

 

粉瘤(アテローム)摘出 術中(粉瘤内容物を排出)

術中(粉瘤内容物を排出)

 

粉瘤(アテローム)摘出 術中(粉瘤被膜を摘出)

術中(粉瘤被膜を摘出)

 

粉瘤(アテローム)摘出 術直後

術直後

 

粉瘤(アテローム)摘出 術後2日

術後2日

 

粉瘤(アテローム)摘出 術後5日

術後5日

 

粉瘤(アテローム)摘出 術後14日

術後14日

 

関連記事

  1. 右頬の粉瘤(アテローム)です。(くりぬき法)

  2. 炎症が強い背部の粉瘤(アテローム)です。(くりぬき法)

  3. 術前

    背部の粉瘤(アテローム)です。

  4. 術前

    炎症の強い肩の粉瘤です。(くりぬき法)(術後2年写真有)

  5. 術後22日

    背部の粉瘤(アテローム)です。(くりぬき法)

  6. 術中

    腰部の粉瘤(アテローム)です。(くりぬき法)

PAGE TOP