粉瘤(アテローム)や傷やけど治療はこおりたひろ形成整形外科クリニックへ|粉瘤|アテローム|なつい式湿潤療法|大阪|

7か月 点滴漏れによる皮膚壊死です。(湿潤療法)

初診時(背側)

 患者さんは、7か月の可愛い可愛い女の子です。
インフルエンザでA病院小児科に入院。大量の点滴漏れを起こし、右手関節に皮膚壊死が生じました。
そこで、小児科よりB大学医学部付属病院皮膚科の○○先生にコンサルタント。
デルモベート軟膏、ガーゼ処置を受けられました。
しかしあまり良くならない為にその後、A病院小児科の判断でゲンタシン軟膏、ガーゼ処置に変更となりました。
しかし傷は治らず、さらに悪化して黒色壊死になり、ゲーベンクリームに変更されました。
医師から「壊死した部位を切り取らないとダメだ。」と言われ不安になり
近医であるC皮膚科を受診。そこの医師からは
「今すぐ植皮をするように。今すぐ植皮をしないと大変な事になる。」と言われたそうです。
そこで、色々と調べられ、当院を受診されました。
A病院小児科の医師からは、湿潤療法で治療していると言われていたそうです。
ガーゼを使用している段階で、湿潤療法とは全く違います。
もちろん、ゲーベンクリームを湿潤療法をしている医師は、絶対に使用致しません。
以下、母親への私からの説明です。
① 湿潤療法の説明
② 毎日 シャワー、入浴 OK
③ 黒色壊死部は2週間ほどで自然に融解し、その後上皮化する。
④ 植皮せずに必ず治る。
以上です。
 点滴漏れの皮膚壊死は、病状としましては低温熱傷と同じだろうと思っておりましたが、私自身、点滴漏れの症例は初めてでしたので、念のために夏井睦先生にメールで相談させて頂きました。お忙しいにもかかわらず、すぐにお返事を頂き、治療方針に間違えが無い事を確認させて頂き、大変心強く助かりました。有難う御座いました。

初診時(背側)

初診時(側面)

加療後4日(背側)

加療後4日(側面)

加療後11日(背側)

加療後11日(側面)

加療後15日(背側)

加療後15日(側面)

加療後22日(背側)

加療後22日(側面)

加療後29日(背側)

加療後29日(側面)

加療後36日(背側)

加療後36日(側面)

関連記事

  1. 初診時

    かぶれ 手(湿潤療法)

  2. 術前

    背部の粉瘤(アテローム)です。

  3. 初診時

    鼻の切創です。(テープ固定)

  4. 初診時

    熱傷 下腿(湿潤療法)

  5. 初診時

    膝の挫創です。(湿潤療法)

  6. 初診時

    挫創 4歳 顔(湿潤療法)