炎症が強い背部の粉瘤(アテローム)です。(くりぬき法)

 患者さんは、30代 男性 です。

1年前より背部に粉瘤(アテローム)があったそうです。

4日前より急に腫れてきたために、炎症が強くても手術をしてくれる医療機関を検索され、当院を受診されました。

痛みがかなり強い為に、当日手術を希望されました。

午前中に受診されましたが、忙しかったために、申し訳なかったのですが午後診に再度来院して頂き、午後診の最中に手術を致しました。

くりぬき法で手術致しました。

術後は、湿潤療法で治療致します。

よって、創部の消毒は一度もしておりません。

毎日、創部に直接シャワーのお湯をかけて洗い流して頂きます。入浴ももちろんOK です。

術後処置の際に、ほとんど痛は御座いません。

驚かれる患者さんが多いです。

術後、感染状態にはなりませんでしたので、抗生物質は処方しておりません。

粉瘤(アテローム)摘出 術前

術前

 

粉瘤(アテローム)摘出 術直後

術直後

 

粉瘤(アテローム)摘出 術後2日

術後2日

 

粉瘤(アテローム)摘出 術後6日

術後6日

 

粉瘤(アテローム)摘出 術後13日

術後13日

 

粉瘤(アテローム)摘出 術後21日

術後21日

 

関連記事

  1. 足の粉瘤(アテローム)です。

  2. 背部の粉瘤(アテローム)です。(くりぬき法)

  3. 術後22日

    背部の粉瘤(アテローム)です。(くりぬき法)

  4. 背部の粉瘤(アテローム)です。(くりぬき法)

  5. 術前

    頭部の粉瘤(アテローム)です。(くりぬき法)

  6. 術中

    頬の粉瘤(アテローム)です。(くりぬき法)

PAGE TOP