粉瘤(アテローム)や傷やけど治療はこおりたひろ形成整形外科クリニックへ|粉瘤|アテローム|なつい式湿潤療法|大阪|

7歳 大腿の熱傷です。(湿潤療法)

初診時

 患者さんは、7歳の男の子です。
うどんを食べている最中にお椀をひっくり返してしまい、熱傷されました。
救急病院に搬送され、ゲーベン、ガーゼ処置を受けられました。
母親が色々と調べられ、湿潤療法目的にて、ご遠方より当院受診されました。
湿潤療法の説明をさせて頂きました。
水疱膜は感染源になりますので、切除致しました。
ハイドロコロイドで治療致しました。
もちろん、毎日シャワー、入浴 OK です。
感染状態にはなりませんでしたので、抗生物質は処方しておりません。

初診時

初診時(水疱膜切除後)

加療後4日

関連記事

  1. 初診時

    植皮が必要と言われた下腿熱傷です。(湿潤療法)

  2. 初診時

    挫創 顔(なつい式湿潤療法)

  3. 異物除去後

    膝の挫滅創です。(湿潤療法)

  4. 初診時(水疱膜切除後)

    大腿の熱傷です。(湿潤療法)

  5. 初診時

    熱傷 手(なつい式湿潤療法)

  6. 初診時(1)

    熱傷 下腿(湿潤療法)