粉瘤(アテローム)や傷やけど治療はこおりたひろ形成整形外科クリニックへ|粉瘤|アテローム|なつい式湿潤療法|大阪|

顔面の挫創です。(湿潤療法)

初診時(側面)

 患者さんは、50代 男性 です。
アスファルトで転倒され、受傷されました。
○○病院を受診され、従来通りの治療法(ガーゼ、消毒)だったそうです。
消毒の際にものすごく痛く、また、ガーゼを剥がす際にもものすごく痛かったそうです。
医師からの説明もあまり無かったために、色々と調べられ湿潤療法目的にてご遠方より、受診されました。
ハイドロコロイドで治療致しました。
もちろん、一度も消毒はしておりません。
毎日、シャワー 入浴 OK です。
感染状態にはなりませんでしたので、抗生物質は処方しておりません。

(正面)

初診時(正面)

加療後3日(正面)

加療後11日(正面)

加療後42日(正面)

(側面)

初診時(側面)

加療後3日(側面)

加療後19日(側面)

加療後42日(側面)

関連記事

  1. 初診時(正面)

    顔の挫創です。(湿潤療法)

  2. 初診時

    顎部の割創です。(縫合・テープ固定)

  3. 1月14日のブログの続きです。(湿潤療法)

  4. 初診時(右側面)2

    顔、前腕の熱傷です。(湿潤療法)

  5. 初診時(1)

    熱傷 1歳 上肢(湿潤療法)

  6. 初診時2

    熱傷 頚部(なつい式湿潤療法)