粉瘤(アテローム)や傷やけど治療はこおりたひろ形成整形外科クリニックへ|粉瘤|アテローム|なつい式湿潤療法|大阪|

熱傷 2歳 前腕(湿潤療法)

初診時

 患者さんは、2歳の可愛い可愛い女の子です。
ご自宅で鉄板焼きをしている最中に、、プレートで熱傷されました。
翌日、地元の基幹病院である○○市民病院皮膚科を受診。
消毒、ガーゼ処置だったそうです。
医師から詳しい説明も無く、見た感じが、だんだんと悪くなってきたために、もう一つの基幹病院である○○総合病院皮膚科を受診。
再度、同じ処置(消毒、ガーゼ)だったために、納得がいかず、色々と調べられ、熱傷後6日目に当院を受診されました。
○○総合病院の皮膚科の先生からは、絶対に濡らさないようにと言われたそうです。
湿潤療法の説明をさせて頂きました。
ハイドロコロイドで治療致しました。
もちろん、毎日シャワー、入浴 OK です。
感染状態にはなりませんでしたので、抗生物質は処方しておりません。

初診時

加療後3日

加療後7日

加療後13日

関連記事

  1. 湿潤療法の説明について。

  2. 術中(粉瘤内容物を摘出)2

    顔の粉瘤(アテローム)です。

  3. 初診時

    熱傷 10か月 手(湿潤療法)

  4. 加療後3日

    挫創 前腕(湿潤療法)

  5. 初診時(水疱膜切除後)

    大腿の熱傷です。(湿潤療法)

  6. 感染していないのに抗生物質を内服することは止めましょう。