粉瘤(アテローム)や傷やけど治療はこおりたひろ形成整形外科クリニックへ|粉瘤|アテローム|なつい式湿潤療法|大阪|

粉瘤(アテローム)(くりぬき法)(2年7か月後)

術中(被膜を摘出)2

 術後、数年後の創部の状態を実際診察できる機会は、非常に少ないです。
何か別件(腰痛等)で受診して頂けない限り、診察できる機会が無いからです。
今回、手術後2年7か月の患者さんが、別件で診察に来られましたので、診察させて頂く事がが出来ました。
この患者さんの症例は、2014年3月17日のブログで紹介させて頂きました。
宜しければ、一度ご参照ください。

術前

術中(内容物を排出)

術中(被膜を摘出)

摘出された粉瘤

術後1日

術後2年7か月

関連記事

  1. 術前

    炎症性粉瘤(アテローム)頚部(くりぬき法)

  2. 術中(粉瘤被膜を摘出)

    粉瘤(アテローム)肩(くりぬき法)

  3. 術中(粉瘤被膜を摘出)

    頬の粉瘤(アテローム)です。(くりぬき法)

  4. 術中(被膜ごと摘出された粉瘤)

    頚部の粉瘤(アテローム)です。(くりぬき法)

  5. 術中(粉瘤被膜を摘出)2

    足底の粉瘤(アテローム)です。

  6. 術前

    粉瘤(アテローム)頬(くりぬき法)