炎症が強い頚部の粉瘤(アテローム)です。(くりぬき法)

 炎症が強い頚部の粉瘤(アテローム)です。(くりぬき法)

 患者さんは、40代です。

10年以上前より、頚部に粉瘤(アテローム)が有ったそうです。

2週間前より腫れて痛くなってきたために、お近くの皮膚科を受診されました。

すると、医師から

「炎症が強いから、手術は出来ません。

とりあえず、抗生物質で炎症を抑えましょう。」と

言われ、抗生物質が処方されたそうです。

しかし、抗生物質を内服しましても全く痛み、腫れが軽減しなかったそうです。

そこで色々と調べられ、他府県より当院を受診されました。

炎症の強い粉瘤(アテローム)に対し、抗生物質はほとんど効果は御座いません。

当院では、炎症の強い粉瘤の患者さんが受診されましても、抗生物質を処方致しません。

粉瘤(アテローム)の治療法は、

「手術をして袋ごと粉瘤を取り出す。」

しか方法は御座いません。

た、炎症が強くても、全く問題無く手術は可能です。

(もちろん、炎症していない粉瘤も手術は可能です。)

痛みが凄く強く、幸い(?)外来が空いておりましたので、当日手術致しました。

くりぬき法で手術致しました。

術後、創部は湿潤療法で治療致します。

術後一度も、消毒はしておりません。

毎日、シャワー、入浴 OK です。

感染状態にはなりませんでしたので、抗生物質は処方しておりません。

 

粉瘤(アテローム)摘出 術前

術前

 

粉瘤(アテローム)摘出 術中(粉瘤内容物を排出)

術中(粉瘤内容物を排出)

 

粉瘤(アテローム)摘出 術中(粉瘤被膜を摘出)

術中(粉瘤被膜を摘出)

 

粉瘤(アテローム)摘出 術直後

術直後

 

粉瘤(アテローム)摘出 術後1日

術後1日

 

粉瘤(アテローム)摘出 術後4日

術後4日

 

粉瘤(アテローム)摘出 術後10日

術後10日

 

粉瘤(アテローム)摘出 術後21日

術後21日

 

関連記事

  1. 粉瘤(アテローム)摘出 術中

    頚部の粉瘤(アテローム)です。(くりぬき法)(術後3年の写真…

  2. 炎症が強い背部の粉瘤(アテローム)です。(くりぬき法)

  3. 足の粉瘤(アテローム)です。

  4. 術後4日

    背部の粉瘤(アテローム)です。(くりぬき法)

  5. 頚部の粉瘤(アテローム)です。(くりぬき法)

  6. 植皮が必要なアテローム???

PAGE TOP