炎症の強い頚部の粉瘤(アテローム)です。(くりぬき法)

 患者さんは、30代(授乳中)です。

数年前より、後頚部に粉瘤(アテローム)が有ったそうです。

大きくなってきたために、地域の基幹病院である○○市立病院形成外科を受診。

そこの医師から

「かなり大きく切る事になります。また、術後抗生物質を内服してもらう事になります。よって、授乳中なのであれば止めておいた方が良いでしょう。」

と言われたそうです。

そこで色々と調べられ、当院を受診されました。

 くり抜き法で手術が可能であり、さほど大きな傷は残らない事。

 術後感染が起こらなければ、抗生物質は内服する必要が無い事。

 ここ数年、術後感染した患者さんはおられない事。

 (よって、抗生物質はここ数年、術後の患者さんに処方しておりません。)

等、説明させて頂きますと、ご安心されたご様子でした。

術後、創部は湿潤療法で治療致しますので、一度も消毒はしておりません。

毎日、シャワー、入浴 OK です。

術後、感染状態にはなりませんでしたので、抗生物質は処方しておりません。

粉瘤(アテローム)摘出 術前

術前

粉瘤(アテローム)摘出 術中(粉瘤内容物を排出)

術中(粉瘤内容物を排出)

粉瘤(アテローム)摘出 術中(粉瘤被膜を摘出)

術中(粉瘤被膜を摘出)

粉瘤(アテローム)摘出 術直後

術直後

粉瘤(アテローム)摘出 術後6日

術後6日

粉瘤(アテローム)摘出 術後13日

術後13日

 

関連記事

  1. 術中(粉瘤内容物を排出)

    炎症の強い背部の粉瘤(アテローム)です。(くりぬき法)

  2. 頬の粉瘤(アテローム)です。(くりぬき法)

  3. 粉瘤(アテローム)摘出 術中

    背部の粉瘤(アテローム)です。(くりぬき法)

  4. 頚部の粉瘤(アテローム)

  5. 粉瘤(アテローム)摘出 術前

    炎症の強い胸部の粉瘤(アテローム)です。(くりぬき法)

  6. 術中

    炎症が強い背部の粉瘤(アテローム)です。(くりぬき法)

PAGE TOP